自然葬の種類はたくさんある

img-1

最近じわじわと自然葬が注目を集めています。自然葬では様々な種類があり、生前の本人の希望に沿った埋葬が可能です。



散骨の場合、場所を自由に選べます。

最も一般的なのが、海への散骨です。
故人が海にゆかりがあるならば、最後に海に戻りたいと希望することも珍しくありません。散骨する家族とともに散骨場所に向かう船などが利用できるので、以前より自然葬が身近になっています。
その他にも、山に散骨する方法もあります。
初めて散骨する家族の中には、法律に違反しないかという不安を持つことがあります。



節度を持って散骨することを条件に、法律では散骨が禁止されていません。

基本的に細かいパウダーにして、海や山に撒きます。


樹木葬では、墓石を建てる代わりに木を植樹します。

この木が、お墓の目印になります。



樹木葬を希望する場合は、植樹する場所が霊園の中で制限されます。



主に遺体がバラバラになったときによく選択されます。
また墓石を用意できない経済状態でも好まれます。



多くの人がペットを飼っており、ペットが死ぬと動物葬を行います。その際に墓石を建てずに木を植えることもあります。
樹木葬では、ムシカリやツリバナ、ハナミズキ、アジサイなどが使われます。



これらの植物は、あまり大きく成長しません。

また墓石を樹木葬に変更する場合、日本では市区町村長の改葬許可を得る必要があります。
届出をせずに樹木葬に変更することは、刑罰の対象になるので注意します。

関連リンク

img-2
自然葬をすることで学ぶもの

自然葬とは、その名前が示すようにお墓ではなく海や山などの大自然の中に遺骨や遺灰を還すことにより、霊園の墓地に納まることなく大きな循環の中に回帰していこうとする葬送の方法です。そうすることによって自身が大好きだった海や山に還ることが出来るというだけでなく、子供や孫の代にお墓の世話をさせるという重荷を与えなくて済むという考えもあります。...

more
img-2
注目をあびている自然葬

自然葬とは遺骨を墓に埋葬せずに自然に戻すという葬送法です。自然葬は世界各地で行われており日本でも古代より遺骨を遺体や遺灰で海や山に還していました。...

more
top