注目をあびている自然葬

img-1

自然葬とは遺骨を墓に埋葬せずに自然に戻すという葬送法です。



自然葬は世界各地で行われており日本でも古代より遺骨を遺体や遺灰で海や山に還していました。

明治時代以降も自然葬はさまざまな形で続いていました。
現在の日本では墓に埋葬することが多いですが散骨は法律上のきまりはなく節度あるマナーを守ればよいことになっています。



自然葬の方法は風葬水葬樹木葬などさまざまな方法があります。



近年注目を浴びている葬送方法ですが核家族化や少子化高齢化などにより墓の継承が難しくなったことなどが原因です。



お墓に納骨すると費用もかかりその後の維持費やお墓の建て替え清掃など遺族に迷惑がかかるということがあり生前すきだった自然に中に還れるという利点もあります。



日本で行われている自然葬は散骨と樹木葬が多く行われています。散骨は海洋散骨が主流となっていますが宇宙への散骨山林への散骨などがあります。



多く行われている海洋散骨は船で近郊の海へ散骨をします。
複数の家族が同じ船に乗り合わせて行う合同散骨や船に乗船せずに業者に委託する委託散骨などがあります。

遺骨が残らずあとの法要がしにくいというデメリットもあります。

樹木葬は墓石の代わりに樹木を植える埋葬法です。


都市部では土地の広さが狭いことから1本の樹木の周りに埋葬することが多いです。樹木葬は個人の墓なので継承は必要ありませんが永久的に埋葬できるところと一定の年数が経過したときに取り出して合祀するところがありますから事前に確認しておく必要があります。

関連リンク

img-2
注目をあびている自然葬

自然葬とは遺骨を墓に埋葬せずに自然に戻すという葬送法です。自然葬は世界各地で行われており日本でも古代より遺骨を遺体や遺灰で海や山に還していました。...

more
img-2
自然葬をすることで学ぶもの

自然葬とは、その名前が示すようにお墓ではなく海や山などの大自然の中に遺骨や遺灰を還すことにより、霊園の墓地に納まることなく大きな循環の中に回帰していこうとする葬送の方法です。そうすることによって自身が大好きだった海や山に還ることが出来るというだけでなく、子供や孫の代にお墓の世話をさせるという重荷を与えなくて済むという考えもあります。...

more
top